自己破産 弁護士 司法書士

全国や地方に住んでいる方が債務・借金の相談をするなら?

お金や借金の悩み

多重債務の問題、借金の悩み。
お金・借金の悩みは、自分一人だけでは解決するのが難しい、深刻な問題です。
ですがいきなり、司法書士・弁護士に相談しようにも、少し不安な気持ちになってしまうものです。
ここでは全国や地方で借金・債務のことを相談する場合に、オススメの相談事務所を厳選して紹介しています。
インターネットを利用して相談が可能なので、初めて相談する方でも安心です。
また、全国や地方の法律事務所や法務事務所もいくつか載せているので、そちらも参考にどうぞ。

借金や自己破産の相談を全国や地方在住の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の借金返済や多重債務解決の相談なら、コチラがお勧めです。
弁護士が対応してくれて、全国に対応している法律事務所。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払は、分割払いでもOK。
相談料はもちろん無料!
借金の督促をストップするのも可能です。
個人再生、任意整理、過払い金、自己破産、など、債務や借金の問題について相談することができます。
しかも、24時間365日、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(電話料0円)で相談受付することができるので、お金に困っている方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、借金問題が相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたにピッタリのやり方で借金問題を解決していきます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から精算できます。
任意整理でも、減額報酬・和解成功報酬などを一切取らないため、安く解決できます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人も安心です。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国対応の司法書士事務所なので全国や地方にお住まいの人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の全国や地方周辺の法律事務所や法務事務所紹介

全国や地方には複数の弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてください。




地元全国や地方の法律事務所・法務事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、気軽に相談できるのではないでしょうか。

借金返済の問題に全国や地方在住で悩んでいる方

いろいろな人や金融業者から借金した状況を「多重債務」と呼びます。
こっちからもあっちからも借金して、借入れ金額も返済先も増えてしまった状態です。
キャッシング会社で限度額まで借りてしまったから、次は別のキャッシング業者で借金。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングを限界までして、クレジットカードを何枚も持ったり。
多重債務の状況までいってしまった方は、大概はもはや借金の返済が厳しい状況になってしまいます。
もう、どうあがいてもお金を返済できない、という状況。
おまけに利子も高利。
手詰まりだ、なすすべもない、と思ったら、法律事務所・法務事務所に相談してみませんか。
司法書士や弁護士に相談し、自分の状況を説明し、解決するための方法を考えてもらいましょう。
お金・借金の問題は、弁護士・司法書士知識・知恵を頼るのが良いではないでしょうか。

債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|自己破産

債務整理にも色々なやり方があって、任意でクレジット会社と協議をする任意整理と、裁判所を介す法的整理である自己破産・個人再生等々のジャンルがあります。
それではこれらの手続きにつき債務整理デメリットがあるのでしょうか。
この3つの手口に共通している債務整理デメリットといえば、信用情報にそれ等の手続きを進めたことが載る点ですね。俗にいうブラックリストというような状況です。
すると、大体5年〜7年位、クレジットカードが作れず借入れができない状態になるでしょう。しかしながら、貴方は返すのに苦しみ続けてこれらの手続きを行う訳なので、暫くは借入れしない方が良いのじゃないでしょうか。
ローンカードに依存している方は、逆に言えば借入れが出来なくなる事により不可能になる事により助かるのではないかと思われます。
次に個人再生、自己破産の債務整理の欠点ですが、官報にこれ等の手続を行った旨が載ってしまうという事が上げられるでしょう。とはいえ、あなたは官報など読んだ事があるでしょうか。逆に、「官報とは何?」という方の方が殆どではないでしょうか。
現に、官報は国が作るする新聞に似たようなものですけれども、金融業者などの特定の人しか目にしません。ですから、「自己破産の事実が近所の方に広まる」などということはまずありません。
最後に、破産特有の債務整理の欠点ですが、1辺破産すると7年間、2度と破産は出来ません。そこは十二分に注意して、2度と破産しなくてもよい様に心がけましょう。

自己破産のリスクってどんなもの?/自己破産

はっきり言えば世間一般で言われている程自己破産のリスクは多くないのです。マイホーム・高価な車・土地等高価値の物は処分されるのですが、生きていくなかで必要なものは処分されないのです。
また20万円以下の貯蓄も持っていて問題ないです。それと当面数箇月分の生活費用100万未満ならば持っていかれる事は無いのです。
官報に破産者の名簿として記載されるのですがこれも極一部の人しか見ないでしょう。
またいわゆるブラック・リストに記載されしまい7年間位の間キャッシング、ローンが使用できない状態となるのですが、これは仕方無いことです。
あと定められた職に就けないと言うことがあるのです。しかしこれもごくわずかな限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返済する事が不可能な借金を抱えているのなら自己破産を進めるのも1つの手段なのです。自己破産を進めれば今日までの借金が全部帳消しになり、心機一転人生を始めると言う事でメリットの方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし税理士、司法書士、弁護士、公認会計士等の資格はなくなるのです。私法上の資格制限として後見人・保証人・遺言執行者にもなれないのです。又会社の取締役などにもなれないでしょう。けれどもこれらのリスクはおよそ関係が無いときが多いのじゃないでしょうか。リスクはさほど大きなものじゃ無い筈です。